ゴリラブログ

このゴリラ、ブログができるようだ

ゴリラ映画駄話その2

今回もやりますよ、これ。

今回はマーティン・スコセッシ監督作品についてあーだこーだ無駄話します。

 

まず1作目

グッドフェローズ 

グッドフェローズ <4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(2枚組) [Blu-ray]

まずはこの作品から。

マーティン・スコセッシ監督というとロバート・デ・ニーロとのコンビが有名ですが、この作品ではロバート・デ・ニーロは主演ではありません。

しかし存在感がすごいです。まじで。

役どころは主演のレイ・リオッタハンニバルでえらい目に会う人)の先輩でやり手のギャングです。

一目見ただけでカタギじゃないってわかるところがたまりません。

妙にニヤついた顔とか最高です。

お話はレイ・リオッタ演じるギャングに憧れた男がギャングになって出世するも落ちていく・・・といった感じです。

しかし、主人公は実在する人物ですって。こわいなぁ。

かっこいいけど、ああはなりたくない。

ギャング映画ってそんな感想抱きませんか、抱きませんか、そうですか。

 

2作目

ウルフ・オブ・ウォールストリート

ウルフ・オブ・ウォールストリート [Blu-ray]

結構有名な作品かもしれませんね。

レオ様とのコンビです。

ヤバめな方法で金を稼ぎまくってド派手なパーティーしまくってダメなおクスリしまくって捕まっちゃった実在の株式ブローカーのお話し。

良質なピカレスクといえばよいのでしょうか、かっこいいです。

あとめちゃくちゃなパーティーしてます。もうパリピなんて言葉がかわいく思えるくらいに。

不謹慎もモラルもこの男の前では意味がない。

かっこいいなぁと、小市民のゴリラは思っちゃいます。

何というか、主人公に憧れてしまいますよね、こんな生き方。

でも嫌悪しちゃいますよね、こんな生き方

しかしこんな人が実在していたってところがすごいです。

さすがアメリカ。さすがウォール街

これを見て堅実にコツコツ生きていこうとゴリラは思いました。

あ、あとマーゴット・ロビーがめちゃくちゃかわいいしエロいです。

 

3作目

レイジング・ブル 

レイジング・ブル [Blu-ray]

最後はこの大傑作で。

実在したミドル級ボクサー、ジェイク・ラモッタの半生を描いた作品です。

上の2作品と同じくかっこいいけど、ああはなりたくないって思っちゃいます、この映画も見てると。

ただボクサーなので上記の2作品の主人公よりかは健康的?ではあります。

でもなんというかアブないんです。上記の作品の主人公たちより。

すげえやべえです。バカみたいな表現しかできなくなります。

破天荒でアブなくて、破滅的、でも周りに対して強い猜疑心を持っている臆病な面もある、といえばよいのでしょうか。

主演のロバート・デ・ニーロの役作りも有名ですね。

めっちゃ太ったりしてます。

そしてボクシングシーンは素晴らしい。

体つきもゴリゴリマッチョッチョではないナチュラルな体でクールです。

あとこの映画、全編白黒です。すげえおしゃれ。

 

全部実在の人物の作品になっちゃった。

この他にもたくさんありますが、今回は以上です。

タイトルのリンクはAll Cinemaさまにつながってます。

ではまた。