ゴリラブログ

このゴリラ、ブログができるようだ

ゴリラ映画駄話その2

今回もやりますよ、これ。

今回はマーティン・スコセッシ監督作品についてあーだこーだ無駄話します。

 

まず1作目

グッドフェローズ 

グッドフェローズ <4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(2枚組) [Blu-ray]

まずはこの作品から。

マーティン・スコセッシ監督というとロバート・デ・ニーロとのコンビが有名ですが、この作品ではロバート・デ・ニーロは主演ではありません。

しかし存在感がすごいです。まじで。

役どころは主演のレイ・リオッタハンニバルでえらい目に会う人)の先輩でやり手のギャングです。

一目見ただけでカタギじゃないってわかるところがたまりません。

妙にニヤついた顔とか最高です。

お話はレイ・リオッタ演じるギャングに憧れた男がギャングになって出世するも落ちていく・・・といった感じです。

しかし、主人公は実在する人物ですって。こわいなぁ。

かっこいいけど、ああはなりたくない。

ギャング映画ってそんな感想抱きませんか、抱きませんか、そうですか。

 

2作目

ウルフ・オブ・ウォールストリート

ウルフ・オブ・ウォールストリート [Blu-ray]

結構有名な作品かもしれませんね。

レオ様とのコンビです。

ヤバめな方法で金を稼ぎまくってド派手なパーティーしまくってダメなおクスリしまくって捕まっちゃった実在の株式ブローカーのお話し。

良質なピカレスクといえばよいのでしょうか、かっこいいです。

あとめちゃくちゃなパーティーしてます。もうパリピなんて言葉がかわいく思えるくらいに。

不謹慎もモラルもこの男の前では意味がない。

かっこいいなぁと、小市民のゴリラは思っちゃいます。

何というか、主人公に憧れてしまいますよね、こんな生き方。

でも嫌悪しちゃいますよね、こんな生き方

しかしこんな人が実在していたってところがすごいです。

さすがアメリカ。さすがウォール街

これを見て堅実にコツコツ生きていこうとゴリラは思いました。

あ、あとマーゴット・ロビーがめちゃくちゃかわいいしエロいです。

 

3作目

レイジング・ブル 

レイジング・ブル [Blu-ray]

最後はこの大傑作で。

実在したミドル級ボクサー、ジェイク・ラモッタの半生を描いた作品です。

上の2作品と同じくかっこいいけど、ああはなりたくないって思っちゃいます、この映画も見てると。

ただボクサーなので上記の2作品の主人公よりかは健康的?ではあります。

でもなんというかアブないんです。上記の作品の主人公たちより。

すげえやべえです。バカみたいな表現しかできなくなります。

破天荒でアブなくて、破滅的、でも周りに対して強い猜疑心を持っている臆病な面もある、といえばよいのでしょうか。

主演のロバート・デ・ニーロの役作りも有名ですね。

めっちゃ太ったりしてます。

そしてボクシングシーンは素晴らしい。

体つきもゴリゴリマッチョッチョではないナチュラルな体でクールです。

あとこの映画、全編白黒です。すげえおしゃれ。

 

全部実在の人物の作品になっちゃった。

この他にもたくさんありますが、今回は以上です。

タイトルのリンクはAll Cinemaさまにつながってます。

ではまた。

 

ゴリラ映画駄話

お久しぶりです。そして初めましての方は初めまして。

ゴリラのブログです。

今回からブログ開設理由の1つでもある映画について、うだうだとネタバレも気にせず語っていこうかなと思います。

1回につき2~3本ほどを予定してます。

本当にグダグダと思ったこと、当時の思い出みたいなどうでもいいことを書いていくつもりです。

ネタバレが嫌な方はお気をつけてくださいね。

あと今回は映画ですが、音楽についても同じようなことしようかな、とも思ってます。

いつになるかはわかりませんが。

 

 

というわけで、記念すべき1本目

ドライヴ 

『ドライヴ』Blu-ray【日本語吹替収録版】

ゴリラの大好きなこの映画から。

オールタイムベストを選ぶなら確実に入ります、これ。

さてこの映画、何というかひたすらおしゃれなバイオレンスのオンパレードって感じでたまらないんですよね。

あと主演のライアン・ゴズリングがかっこいいんです。

サソリの白スカジャンをここまでかっこよく着こなす人はそうそういないでしょう。

ほんとにラ・ラ・ランドで知った方はこの映画を見てほしい。違った意味でかっこいいから。

あと、名前は知らないけど、おっきなおっぱいの赤毛の女優さんが出てくるのでおすすめ。かわいいし。

キャリーマリガンもかわいいから余計におすすめ。薄幸人妻設定がたまらんのです。

しかしキャッチコピーがセンスいい。

「疾走する純愛」

ここまでかっこいいとは恐れ入った・・・・!

 

 

では2本目

裏切りのサーカス 

裏切りのサーカス スペシャル・プライス [Blu-ray]

この手の映画、好きなんですよね。

渋いオッサンたちが渋いスーツ着て渋い顔して渋いことまた渋い顔をする映画です。

最高じゃないですか。

たまりませんよね?

まずなにより出てくる俳優さんも全員いい感じに渋い顔してます。

重要な役どころのマーク・ストロングとか渋い顔しかしてないですから。

たまりませんよね、ね??

この映画は所謂スパイものですが、どこぞのマティーニ大好きさんの映画よりもかなりリアル路線です。最近のマティーニ大好きさんもリアル路線になりましたけど。

内容は英国諜報部に潜り込んだソ連のスパイをゲイリー・オールドマン演じるスマイリーが探し出すという映画です。

派手なアクションもなければお色気シーンすらもない激渋映画だと思います。

たまりませんよね、ね、ね???

あとイギリス制作の映画なので英国人俳優のオールスター作品って側面もあるような気がします。

上のゲイリー・オールドマンはもちろん、ベネディクト・カンバーバッチトム・ハーディといった最近人気の俳優の他にもコリン・ファースみたいなベテランも出てます。

たまりませんよね、ね、ね、ね????

好きな人はどっぷりとはまりそうな、そんな映画ではないでしょうか。

 

最後の3本目

 神々と男たち

神々と男たち [DVD]

最後の3本目はシリアスでヘビーなものを。

詳しくは調べればすぐに出るので詳細は割愛しますが、1996年にアルジェリアで起きた武装イスラーム集団によるフランス人修道士誘拐・殺害事件を映画化したものです。

最近のイスラーム過激派の活動のせいでイスラームは危険という考えが広まっているようですが、この映画に出てくる修道士たちと交流しているムスリムムスリマイスラム教徒)たちは当然のことながら穏やかな普通の人なんですよね。

そして修道士たち良い人たちばかりですし。

いろいろ匂わせる描写もありますが、そういうのを抜きにして考えさせられるいい映画ですよ、まじで。

こんなゴリラの無駄話を読むよりも映画を見てくださいって感じ。そしてもっと詳しく書いてあるところはあるからそれを見てくださいって感じ。

 

今回は以上です。

タイトルのリンクはAll Cinemaにつながってます。

またこんなことやると思いまーす。

そのときはよろしこ。

それではまた

 

ブログを始めてみました。

ブログを始めてみました。

高校生の頃にやっていたデコログ以来のブログです。 

 

何を書いていきましょうか。

おそらく自分の趣味のあれやそれについて書いていくつもりでしょう。

しかし予定は未定なので変更するかもしれませんね。

 

とりあえず週に1、2回の更新を目標にゆるりとやっていきます。

よろしくお願いします。